【造船】
創業以来、船舶の建造に携わり大型プレジャーボートの設計・建造・修理・輸出入の業務を主に行ってまいりました。
特に、世界の船舶関連機器類の輸入においては、その品質、価格、納期の面でお客様にご満足を頂き、健全な事業活動を通じお客様、お取引先、地域社会の多くの人々に支えられ成長してまいりました。
今後も変わらずご満足を頂けるサービスを提供するために、より柔軟にマーケットに反応できる企業及び商品のイノベーションに取り組んでおります。
【インフュージョン(バキュームシステム) 】
Resin Infusion レジンインフージョンは、片面モールド内のガラス繊維あるいは芯材に樹脂を挿入するプロセスです。
剛性または可撓性フィルム膜は上部の上に配置され、モールドの周縁により封止されております。
樹脂注入は、 "密閉型プロセス"と見なされます。
Wet Lay-Up ハンドラミネート成形では、ラミネートをレイアップし、閉じ込められた空気を引き出すために真空バッグを適用します。
真空バッグは複雑な形状にも適用でき、1平方インチ当たり14.7ポンド気圧(1平方フィート当たり2000ポンド)の気圧を適用することができます。この予測可能で均一な加圧力によりラミネートを強力に硬化します。

バートラム60F FBハードトップ製作
(有)竹内造船所
【AWLGRIP Paint System】
弊社は創業以来、ウレタントップコートの世界的なリーダーである、USPAINT社のAWL-GRIPコーティングシステムを取り入れ、材料の輸入から塗装施工まで一貫した業務を行っております。
1986年建造の140フィートモータヨット「SHALIMAR」を始め、170フィート「SOUTHERN CROSS V」など合計8隻のモーターヨット塗装にたずさわり、それ以後百数隻におよぶボートの塗装を豊富な経験、実績、AWLGRIP Paint Systemのアプリケーションに則した責任施工によりボートオーナーに提供し、ご満足を頂いております。

また、超大型艇250フィートクラスのメガヨットのオーナーに1200GT級のドライドック(長さ70M、幅14M)を準備し、作業環境を整えるとともに、最大限AWL-GRIPの性能を引き出すよう努力しております。

塗装概論.pdf

塗装実績.pdf

AWLGRIPアプリケーションガイド.pdf
PDF形式ファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Readerが必要となります。
お持ちでない方はAdobe社サイトから最新のAdobeReader (無償) をダウンロードし、インストールしてください。
Adobe Readerのダウンロード
【AWLCRAFT SE 次世代のトップコート】
Awlgripブランドは従来、クラシックなトップコートとして広く知られていましたが、現在では、長年の経験によりAwlgripの特性を理解した熟練の職人たちによって施される、最高の輝きと鏡面が得られる最も魅力的な塗料として再認識されています。
オリジナルのAwlgripが持つ魅力が失われることはありませんが、変化し続けるヨットシーンの中で、Awlgrip社はイノベーターとして、常にマーケットリーダーであるよう努力を続けています。近年、ユーザビリティの観点から速乾性を求める声が大きくなっており、Awlgrip社はいかなるニーズにも応えられるよう研究開発を重ねています。これにより、様々な仕上げに対応したプレミアム・トップコートの供給を可能にし、海洋環境向けにカスタマイズされたベースコートシステムは、数多のヨットオーナーから愛されるAwlgripの輝きを実現しています。
Awlcraft SEシリーズは、プレミアム・トップコートに求められる性能全てを満たし、メタリック、パール、ソリッド問わずほぼ無限の調色パターン、様々なフィニッシュと熟練の職人の技術によって、オーナーの描くデザインを実現します。また、Awlcraftシリーズは速乾性で、複数回のベースコートを1日で行えます。バフ掛けも容易で、タッチアップも可能です。
▲TOP